2020.02.22 - Songwriter
How Do You Do It How Do You Do It
Mitch Murray

(1962)

Songwriterシリーズ
今回は Mitch Murray を取り上げます。

Mitch Murray は1960年代前期から中期にかけて、イギリス北西部周辺で発生したブリティッシュビート、マージービートと言われている音楽形態で、その中核を担ったソングライターです。

Mitch Murray は1940年、イングランド・イースト・サセックスのホヴで生まれています。イギリスでブリティッシュビートが流行る前、1950年代後期から、ソングライターとして活動していたようです。

Mitch Murray に転機が訪れるのが1962年。Mitch Murray はイギリスのティーンアイドルの Adam Faith のために曲を書き、そのデモ・レコードを作成します。そのデモを歌ったのはソングライター仲間の Barry Mason でした。Barry Mason は後に Les Reed と組んで多くの楽曲を生み出していくことになります。
演奏したのは、1950年代後期から活躍していた 老舗バンド、The Dave Clark Five でした。録音した楽曲、"How Do You Do It " は Adam Faith には取り上げられず、不採用となりました。しかしそのデモ録音が現存しています。

How Do You Do It (Mitch Murray) / Barry Mason (1962、Demo)

この不採用になった楽曲、"How Do You Do It " に目をつけたのが、音楽プロデューサー、George Martin でした。George Martin はこのデモを聴き、自分がプロデュースし、デビューすることになった4人グループ、The Beatles の
デビュー曲にしようと考えます。しかし、The Beatles のメンバーは曲作りにも長けており、メンバーの意見を尊重し、The Beatles 自作のナンバー、"Love Me Do" がデビューシングルとなります。結局、不採用となった The Beatles による、"How Do You Do It" ですが、音源は残りました。The Beatles による録音の時、Mitch Murray も立ち会ったと言われています。

How Do You Do It (Mitch Murray) / The Beatles (1963)

またも不採用となったこの曲ですが、1963年に同じく、George Martin によって、プロデュースすることなったグループ、Gerry and the Pacemakers のデビュー曲としてリリースされます。やっと陽の目を見たこのナンバーは UK Singles Chart 1位となります。

How Do You Do It (Mitch Murray) / Gerry and the Pacemakers (1963)


その後、Mitch Murray は Gerry and the Pacemakers に楽曲を提供。ブリティッシュビートのムーブメントを受け、1963年にレコードデビューとなった Freddie and The Dreamers にも楽曲を提供。"I'm Telling You Now" が UK Singles Chart の2位を記録。Mitch Murray は当時のブリティッシュビート・グループのご用達ソングライターとなります。

1960年代中期頃からはソングライター仲間である、Peter Callander とチームを組んで楽曲制作していきます。1974年には彼らがプロデュースした Paper Lace に書いた ""Billy Don't Be a Hero" が UK Singles Chart 1位。アメリカのプロデューサー、Steve Barri がこの曲を気に入り、Bo Donaldson and The Heywoods が取り上げ、US Billboard Hot 100 の1位となります。


I like it (Mitch Murray) / Gerry & the Pacemakers (1963)

"How Do You Do I" のヒットを受け、プロデューサー George Martin が Mitch Murray に依頼した Gerry & the Pacemakers のシングル第2弾。これも UK Singles Chart 1位となりました。Mitch Murray の書く曲はとにかく明るいです。


I'm Telling You Now (Freddie Garrity-Mitch Murray) / Freddie & the Dreamers (1963)

You Were Made For Me (Mitch Murray) / Freddie & The Dreamers (1963)

Freddie & The Dreamers へ提供した2曲を。"I'm Telling You Now" は1963年に Freddie & the Dreamers に提供したシングル第2弾。詩はFreddie こと Freddie Garrity が書きました。UK Singles Chart 2位を記録。アメリカでも Billboard Hot 100 1位となり、楽しいステージアクションで子どものファンも多いクループです。シングル第3弾となった "You Were Made for Me" も合わせて。


Everybody Know (Mitch Murray) / Gregory Phillips & The Remo Four (1964)

1964年、PYE Records からリリースされたシングル。Gregory Phillips というシンガーが、リバプール出身のバンド、The Remo Four のバックで歌っています。アレンジを担当したのは Ivor Raymonde です。


I've Got the Moon on My Side (Mitch Murray) / Matt Monro (1964)

1964年にイギリスを代表するポピュラーシンガー、Matt Monro に提供した楽曲。ミュージカル・ディレクションは Les Reed が行いました。この時期はブリティッシュ・ビート・グループへの提供が多いのですが、こういった楽曲も作っています。これもとても明るい曲です。


I'll Keep Coming Back (Silvers-Robinson-Murray-Levenson) / The Outcasts (1966)

1966年にアメリカの Dot Records からリリースされたシングル。 "Denise" で知られる Neil Levenson らとの共作曲です。プロデュースは Snuff Garrett と Leon Russell となっています。


Billy Don't Be A Hero (Mitch Murray-Peter Callander) / Bo Donaldson & the Heywoods (1974)

1974年、US Billboard Hot 100 の1位を記録。Steve Barri がプロデュースしました。オリジナルは同年、Mitch Murray-Peter Callander がプロデュースした Paper Lace というグループがオリジナルです。出来は Bo Donaldson & the Heywoods の方がいい感じです。


Gipsy (Mitch Murray) / Murray's Monkey (1966)

1966年に Murray's Monkey 名義でリリースしたシングル。歌っているのは Mitch Murray 自身だと思います。これも楽しい曲。アメリカの Hanna-Barbera Records からリリースされましたが、PYE Records からの供給を受けて、アメリカでリリースされたものだと思います。


Down Came The Rain (Mitch Murray-Robin Conrad) / Mister Murray (1965)

最後にこの曲を。1965年に Mitch Murray がリリースしたシングル。しっとりと始まるいい曲と思いきや、途中からは...(爆)。この人の性格をよく表している曲だと思います(笑顔)。

(富田英伸)

シェアする facebook twitter
Copyright (c) circustown.net