2020.07.27 - Cinema Music Composers
Love Affair Love Affair
Ennio Morricone

(1994)

(2020年7月6日に亡くなった Ennio Morricone さんを偲んで。長きに渡って、素晴らしいメロディを届けてくれた Ennio Morricone さんに感謝です。ご冥福をお祈り申し上げます。)


Cinema Music Composers シリーズ
今回は趣向を変えて、3つの映画、『めぐり逢い』の中で流れた3つの曲を聴いていきたいと思います。

映画『めぐり逢い』は過去3度、映画化されています。
最初に制作されたのが1939年『邂逅(めぐりあい)』(LOVE AFFAIR)です。監督は後に映画『我が道を往く』(GOING MY WAY、1944)を撮ることになるレオ・マッケリー(Leo McCarey)で、主演はシャルル・ボワイエ(Charles Boyer)とアイリーン・ダン(Irene Dunne)でした。

『邂逅(めぐりあい)』の撮影当初は監督のレオ・マッケリーとミルドレッド・クラム(Mildred Cram)が作った基本ストーリーしかなく、脚本がまだ未完成のまま撮影ロケに入ったそうです。そこで脚色をまかされたのが、デルマー・デイヴィス(Delmer Daves)とドナルド・オグデン・スチュワート(Donald Ogden Stewart)の2人。2人は毎日、顔を突き合わせ、基本ストーリーを元に練りに練って脚本に仕上げます。そして、その都度、完成した分だけ監督の下に出来上がった脚本を送ったそうです。

デルマー・デイヴィスは後に監督として1957年の映画『決断の3時10分』(3: 10 TO YUMA)という優れた西部劇を撮ります。1959年の映画『避暑地の出来事』(A SUMMER PLACE)も彼の作品です。ドナルド・オグデン・スチュワートの方は1940年の映画『フィラデルフィア物語』(THE PHILADELPHIA STORY)でアカデミー脚色賞を受賞しました。

監督のレオ・マッケリーは1957年に自分で監督したこの映画をセルフリメイクします。映画『めぐり逢い』(AN AFFAIR TO REMEMBER)です。主演はケイリー・グラント(Cary Grant)とデボラ・カー(Deborah Kerr)。ストーリーの骨格、重要シーンは前作とは殆ど変わりなく、完成度をより高めた形となっています。印象的な音楽を担当したのは、Harry Warren。彼の晩年の作品となります。

1994年にウォーレン・ベイティ(Warren Beatty)が制作で再度リメイクします。映画『めぐり逢い』(LOVE AFFAIR)で、主演はウォーレン・ベイティ、アネット・ベニング(Annette Bening)夫妻。脚本にはウォーレン・ベイティが加わり、主人公を元アメフト選手にし、現代的にアレンジしています。そして音楽をイタリアの作曲家、Ennio Morricone に依頼しました。


先程書いたように練られた脚本によって様々なシーンで仕掛けられた洒落た会話、そして会話の中に織り込まれた伏線。そしてその伏線の回収はお見事!としか言いようがありません。特にラスト近くのセリフは何度観ても涙してしまいます。まだ未見の方は是非。

今回は特に好きなこのシーンを。

女性は名もなきコーラスガール。プレイボーイの男性主人公の祖母がこの歌声で女性の人柄を見抜き、孫にふさわしい女性だと確信するシーン。歌の途中、遠くで船の汽笛が鳴り、祖母との別れが近づいてきます....。

旅のひと時の癒しのシーン。男性主人公の祖母の登場は基本ストーリーには大きな影響を与えないのですが、このシーケンスが存在することによって、2人の優しさが伝わり、お互いの気持ちが通じ合う大切なシーンとなります。

それぞれの年代に制作された映画『めぐり逢い』から、同じシーケンスを観ていきたいと思います。いずれも音楽が重要な要素となっています。


1939年『邂逅(めぐりあい)』から "Plaisir D'Amour" / Jean Paul Martini

まず最初に制作された『邂逅(めぐりあい)』から。ここで歌われたのは18世紀にパリで Jean Paul Martini によって作られた曲。日本では"愛の喜びに" のタイトルで広く知られています。この旋律を元に、George David Weiss は Elvis Presley が歌った "Can't Help Falling in Love" を作ることになります。


1957年『めぐり逢い』から "An Affair To Remember (Our Love Affair)"/ Harry Warren

レオ・マッケリー監督によるセルフリメイクとなった1957年の映画『めぐり逢い』(AN AFFAIR TO REMEMBER)から同一のシーケンスを。デボラ・カーの歌声をアテたのは Marni Nixon。曲を書いたのはミュージカル黎明期から活躍していた Harry Warren です。タイトルバック "An Affair To Remember (Our Love Affair)" で歌ったのは Vic Damone でした。


1994年『めぐり逢い』から "Love Affair " / Ennio Morricone

1994年の映画『めぐり逢い』から。祖母役で出演したキャサリン・ヘプバーン(Katharine Hepburn)はこれが遺作となりました。アネット・ベニングのハミングをアテたのは、Ennio Morricone の作品に欠かせない女性シンガー、Edda dell'Orso。
祖母が住む南洋の島のロケーションもとても素敵です。撮影は映画『暴力脱獄』(COOL HAND LUKE、1967)、映画『明日に向って撃て!』(BUTCH CASSIDY AND THE SUNDANCE KID、1969)などを撮ったコンラッド・L・ホール(Conrad L. Hall)。美しいカメラワークです。


"Love Affair" Suite / Ennio Morricone(1994)

1994年の映画『めぐり逢い』のオーケストラバージョン。後半は、Gilda Butti によるピアノ、そしてソロ・ボイスは Edda dell'Orso です。Ennio Morricone が近年になって作った楽曲の中でも特に好きな曲となりました。


Ennio Morricone の初期の楽曲は以下でも紹介しています。

I Cantori Moderni di Alessandroni(Magic Voices シリーズ)

Edda dell'Orso(Magic Voices シリーズ)

(富田英伸)

シェアする facebook twitter
Copyright (c) circustown.net