2019.07.05 - Magic Voice
Clair Clair
Don Shelton

(1971)

Magic Voicesシリーズ
今回は Don Shelton を取り上げたいと思います。

Don Shelton は、1950年代から1960年初頭にかけて活躍した、コーラスグループ、The Hi-Lo's に途中から加入し、その後 The Singers Unlimited に参加した人です。The Singers Unlimited に関してはこれまで、紅一点のソプラノ、Bonnie Herman を取り上げました。Don Shelton の担当パートはテナー。とっても柔らかい優しい声をした人です。

Don Shelton は1934年、ロスアンゼルス生まれ。元々は管楽器奏者で、Les Brown や Ray Anthony の楽団でフルート等を吹いていたそうです。過去に紹介した The Singers Inc. のアルバム『Bossa Nova』ではボーカリストではなく、アルトサックス、フルートでクレジットされています。ここで管楽器奏者としての Don Shelton が参加した作品を聴いてみたいと思います。


Leis of Jazz(Paul Conrad) / Lyle Ritz(1959)

1959年の Lyle Ritz によるウクレレのナンバー。この曲が収録されているアルバム『Lyle Ritz And His Jazz Ukulele』で Don Shelton はテナーサックス、ソプラノサックス、クラリネット、フルートの4役をこなしています。

Don Shelton は管楽器奏のみならず、テレビのコマーシャルやラジオのジングルでボーカルもやるようになります。1959年、The Hi-Lo's のバス担当の Bob Strasen がグループを脱退、Gene Puerling は新たなバス担当を求めて、オーディションを行いました。本来はバス担当を採用するところですが、Gene Puerling は Don Shelton の声をいたく気に入り、テナーの Don Shelton が採用されました。この状況で、The Hi-Lo's は専任バスなしのテナーが2人という構成になります。

The Hi-Lo's では1960年リリースのアルバム『Broadway Playbill』から参加することになります。その後、The Hi-Lo's で4枚のアルバムで歌いました。The Hi-Lo's は1960年代中期に解散することになりますが、1960年代後期には新たにスタジオ録音に限定したコーラスグループ、The Singers Unlimited の結成の際、Gene Puerling から参加の要請を受けました。

The Singers Unlimited は紅一点の Bonnie Herman をフィーチャーした作品が多く占められていますが、Don Shelton もソロをとる機会も多いです。今回は Don Shelton をフィーチャーした作品を聴いていきたいと思います。


The Gift(Djalma Ferreira-Luiz Antônio-Paul Francis Webster) / The Hi-Lo's(1963)

1963年、The Hi-Lo's の最終アルバムとなる『The Hi-Lo's Happen To Bossa Nova』からボサノバのナンバー。この時期、The Hi-Lo's は Clark Burroughs とのテナーのツートップとなりましたが、綺麗なハーモニーです。Don Shelton のソロ部分が聴けます。


Clair(Gilbert O'Sullivan) / The Singers Unlimited(1975)

1975年のアルバム『A Capella II』の1曲目。Gilbert O'Sullivan の大好きなナンバーを爽やかに歌っています。殆ど Don Shelton が主旋律を歌っています。僕は The Singers Unlimited の存在をこの曲で知りました。


It Came Upon a Midnight Clear(Trad) / The Singers Unlimited(1972)

1972年のアルバム『Christmas』から。冒頭、Don Shelton の優しい声で始まります。静寂な夜に聴きたい曲。The Singers Unlimited が世にクリスマスアルバムを残したのはほんとにうれしいです。


In The Still Of The Night(Cole Porter) / The Singers Unlimited(1978)

1978年リリースのアルバム『Eventide』から、Cole Porter の曲です。"Do You Love Me〜" と歌い始めるのが、Don Shelton です。


Some Other Time / For All We Know / Don Shelton(2012)

2012年には自主製作盤だと思われますが、 Don Sheltonのソロアルバムをリリースしています。現在でも大学やジャズ祭でゲストに招かれ、フルートを吹いたり、歌っているそうです。





(富田英伸)

シェアする facebook twitter
Copyright (c) circustown.net