2018.01.29 - Songwriter
Graduation Day Graduation Day
Joe & Noel Sherman - Songwriter

(1956)

(2018年1月28日、SSB「棚からひとつかみ&リクエスト」で、大好きな曲、Paul Anka "Eso Beso" がかかりましたので。)

Songwriterシリーズ、
今回は Joe & Noel Sherman を取り上げます。

Joe & Noel Sherman は兄弟で活躍したソングライターチームですが、ディズニー映画中心に活躍した映画音楽家、Sherman Brothers (Robert B. Sherman、Richard M. Sherman)とちょっと混同されやすく、まったく別の兄弟ソングライターチームです。

兄の Joe Sherman は1926年、ニューヨーク生まれ、弟の Noel Sherman は1930年、ニューヨーク生まれの4つ違いの兄弟です。いわゆる、 Brill Building の世代の作家より、ちょっと上の世代に当たります。詳しいバイオ等は不明ですが、基本的に兄の Joe Sherman が作曲、Noel Sherman が作詞を手掛け、1950年代中期に音楽業界入りしています。

1954年に人気歌手 Patti Page に "Everlovin'" という快活な楽曲を取り上げ、人気を博します。後に当時流行ったマンボなどを取り入れ、ダンスミュージックを多く手掛けます。
1956年に 4人ボーカルグループ、 The Four Freshmen ‎に "Graduation Day " を提供。後述しますが、その後多くのカバーが生まれ、2人の代表曲となります。
1957年には、Nat King Cole に "To The Ends Of The Earth" を提供。その曲が接点となって、1960年代に入っても Nat King Cole に楽曲をいくつか提供していくようになります。

1950年代後半から、2人は別々の道に進みますが、当時流行のポップスとの接点が出てきます。1960年、兄の Joe Sherman は Anders-Poncia が在籍していた Doo Wop グループ、The Videls の楽曲、" Now That Summer Is Here" をアレンジとプロデュースを担当。またアレンジャーとしても活動し、特に Paul Anka の楽曲のアレンジを多く担当します。
弟の Noel Sherman は1958年、作曲家、Jack Keller と組んで、The Poni-Tails に "Seven Minutes in Heaven" という曲を提供しています。


今回は作曲を手掛けた Joe Sherman を中心にいくつか聴いていきたいと思います。


Graduation Day(Joe & Noel Sherman) / Four Freshmen(1956)

"卒業" のことを歌った名曲。Joe & Noel Sherman の代表作です。Four Freshmen としても代表曲と言っていいでしょう。その後多くのカバーが生まれましたが、ロックンロール世代の多くの人は The Beach Boys のバージョンでこの曲を知ることになります。


Eso Beso (That Kiss!) (Joe & Noel Sherman) / Paul Anka(1962)

Paul Anka ‎向けに書かれた曲ではないですが、当時、Joe Sherman は Paul Anka の多くの楽曲のアレンジを担当したので、この曲を取り上げたのだと思います。SSBでもコメントあったように、実に気持ちいい上手い歌唱です。アレンジももちろん、Joe Sherman が担当しています。


That Sunday, That Summer(George David Weiss-Joe Sherman) / Nat King Cole ‎(1963)

Songwriterシリーズ、George David Weiss の項でも登場した曲。Joe Sherman と George David Weiss の共作曲です。Joe Sherman とGeorge David Weiss は当時、Weiss/Sherman Production を設立し共作していたようです。
この曲、2017年8月6日のSSBでもオンエア。とってもうれしかったです!
僕も大好きな"夏"の Favorite Song。


Toys In The Attic(George David Weiss-Joe Sherman-George Duning) / Joe Sherman, His Orchestra and Chorus(1963)

Toys In The Attic(George David Weiss-Joe Sherman-George Duning) / Jack Jones(1963)


George David Weiss との共作曲をもう1曲。1963年公開のアメリカ映画『欲望の家』(原題"Toys In The Attic")のテーマ曲。この映画はジョージ・ロイ・ヒル監督(George Roy Hill)のデビュー作だそうです。
どこかメランコリックなメロディー。サウンドトラックの Joe Sherman 自身 のバージョンと Jack Jones のカバーバージョンを合わせて。
ちなみに Jack Jones のバージョンは "Wives And Lovers"(David-Bacharach)のB面に収録されました。


That Certain Party In Apt. 14C(Danny DiMinno)/ Joe Sherman, His Orchestra And Chorus(1964)

この曲は Joe Sherman が書いた楽曲ではないですが、Joe Sherman によるオーケストラとコーラス・アレンジがとっても素敵なので、是非〜。

*写真は Joe Sherman。


(富田英伸)




Copyright (c) circustown.net