2016.11.19 - Songwriter
Feel The Warm Feel The Warm
Jerry Fuller [Songwriter]

(1970)

Songwriterシリーズ、Jerry Fuller の続きです。

1967年、Columbia Records のプロデューサーとなった Jerry Fuller は Gary Puckett And The Union Gap 以外にソウル・シンガー O.C. Smith、Andy Williams、Johnny Mathis のレコードを手掛けていきます。
特にプロデューサーとしては、Bobby Russell のペンによる O.C. Smith の "Little Green Apples" は Billboard Hot 100の最高2位とヒットを記録しました。
1969年には Paul Revere & The Raiders から離れた Mark Lindsay のソロ・プロジェクトを担当し、2枚のアルバム『Arizona』、『Silverbird』を制作します。

1971年には Columbia Records から離れ、自身の制作会社、Moonchild Productions を立ち上げます。そこからは Columbia Records 時代から引き続き、Johnny Mathis 等のレコード制作を行いました。Johnny Mathis に書いたナンバー "Show And Tell" をソウルシンガー、Al Wilson が1973年に取り上げ、U.S. Billboard Hot 100 の1位になります。この Al Wilson のバージョンも Jerry Fuller 自身がプロデュースを行いました。

1970年代後半からは、昔からの仲間である Glen Campbell のレコード・プロデュースなどカントリーを中心にレコード制作を行っています。

1960年末から1970年代にかけて、Jerry Fuller がソングライティングした曲の中から僕の好きな曲を聴いてみたいと思います。


Over You (Jerry Fuller) / Gary Puckett And The Union Gap (1969)

Gary Puckett And The Union Gapに提供した楽曲で1番好きな曲。アレンジは Al Caps が担当しています。スケール感ある中にもしっとりとしたところがとても気に入っています。


Jerry Fuller は Paul Revere & The Raiders 出身の Mark Lindsay のソロアルバムを2枚を制作。両アルバムともプロデューサーとしての選曲もとても適切です。作家陣を挙げると、Paul Williams-Roger Nichols、Dick Addrisi-Don Addrisi、Jimmy Webb、Rod McKuen、Fred Karlin、Kenny Young 等々。
Jerry Fuller は Mark Lindsay のソロ・プロジェクトで東海岸で活躍してきたアレンジャー、Artie Butler を起用します。このことが功を奏したと思います。
Mark Lindsay のソロ・プロジェクトから厳選してこの2曲を。


Bookends (Artie Butler-Jerry Fuller) / Mark Lindsay (1970)

セカンド・アルバム『Silverbird』から1曲。この曲はアレンジャーの Artie Butler との共作で、アレンジセンスが素晴らしいです。冒頭のコーラスといい、ピアノのフレーズもどこか都会的です。


Feel The Warm (Artie Butler-Jerry Fuller) / Mark Lindsay (1970)

"Bookends" も収録されているセカンド・アルバム『Silverbird』からもう1曲。
先の"Bookends" 同様、Artie Butler との共作曲です。冒頭のピアノのフレーズがとても印象的な素敵なバラード。アルバムのみの収録曲ですが、後にMORのシンガー達も取り上げた隠れた名曲。Jerry Fuller が書いた曲で一番好きな曲です。寒い日に聴くと、心から暖まります。


Show & Tell (Jerry Fuller) /Al Wilson (1973)

Jerry Fuller の制作会社、Moonchild Productions からのリリース。SSBでもお馴染みの U.S. Billboard Hot 100 の1位のヒット曲。
1989年には Peabo Bryson がこの曲を取り上げ、これまた R&Bチャート1位になっています。


Touch and Go (Jerry Fuller) /Al Wilson (1974)

同じく、Al Wilson が取り上げた曲。オリジナルは1971年、Cher に提供した楽曲でしたが。出来はこの Al Wilson の方がいい感じです。


If I were you (Jerry Fuller-John Hobbs) / Toby Beau (1980)

1978年の "My Angel Baby" のヒットで知られるテキサス出身のグループ、Toby Beau を1980年に Jerry Fuller がプロデュース担当しています。この楽曲はキーボーディスト、John Hobbs との共作曲。


最後に Jerry Fuller さんの勇姿を。2011年のライブでの様子。ご自身のギター演奏で "Travelin' Man" を歌っています。(音質はちょっと悪いですが)

Travelin' Man (Jerry Fuller) / Jerry Fuller (2011)

(富田英伸)




Copyright (c) circustown.net